お金の勉強

NISA(一般)・積立NISA・iDeCoってなに?~お金の勉強~

こんにちはー!べりっくブログです!

今日は「NISA(一般)」「積立NISA」「iDeCo」の違いについて、書いて行きたいと思います。

疑問人
疑問人

NISA(一般)・積立NISA・iDeCoは名前は聞くけど、違いはよくわからんのよねー

疑問人
疑問人

「資産運用」って言ったって「投資」やろ?なんか怖いなー、、株とかFXみたいなやつよね?

「投資」とかって聞くと、「え?なんか怖くない?銀行に貯金しておいた方が堅実じゃない?」みたいな人って多いと思います。

資産運用に興味があるけどまだ何もやっていない方などは、私と一緒に勉強しましょう!

この記事を読むと、下記のことが分かります!

・ 「NISA」「積立NISA」「iDeCo」 の違いが分かる!

・私は少額からはじめられて、長期間運用できる「積立NISA」をオススメします! 

NISA(一般)・積立NISA・iDeCoってなに?一覧で確認!

名前は聞いたことある人も多いと思います!いろんな疑問があると思うので、まずは表をご覧ください!

制度NISA(一般)積立NISA iDeCo
利用可能期間5年間20年間60歳まで
非課税枠年間120万円年間40万円職業による
非課税対象運用益運用益運用益
積立額(掛金)全額が控除
受取時も一定額まで非課税
対象商品投資信託
国内株式
外国株式
投資信託
(国の基準を満たした物に限る)
投資信託
定期預金
保険商品
引出しいつでも引き出し可能いつでも引出し可能60歳までできない
運用方法直接買付・積立積立積立

それぞれ特徴がありますよね!私自身の重要度としては、「いつでも引出しできること」と「できるだけ安心なもの」が良かったので、「積立NISA」を始めています。

それぞれのメリットとデメリットは次の通りです!

NISA(一般)のメリット・デメリット

NISA(一般)の≪メリット≫

  • まとまった金額を運用できる!年間120万円まで!
  • 商品が豊富!「投資信託」「国内株式」「外国株式」など!
  • 積立でも買えるし、直接でも買えるので流動的

個人的には、≪まとまった金額でガンガン運用したい!≫って人には向いていると思います!

NISA(一般)の≪デメリット≫ 

  • 非課税期間が5年間!その後「翌年の非課税投資枠に移す」か「課税口座に移す」か「売却」かを選ぶ
  • 1人1口座まで!←開設する金融機関は1年単位で変更はできる
  • 損する可能性もある!

個人的にはですが、まだ「まとまった金額を投資に回せないこと」と「長期間で運用」をしたかった為、こちらは選びませんでした!

積立NISAのメリット・デメリット

積立NISAの≪メリット≫

  • 少額から運用できる!年間40万円まで!
  • 長期間運用できる!最長20年間!
  • 初心者でも比較的安心!対象商品が限られており、国の基準を満たした商品になっている!

個人的には条件的にマッチしました!少額から長期間運用したいという方や初心者の方にはオススメです!

現在は、銀行預金に毎月貯金しているという方も、お試しではじめやすいと思います!

積立NISAの≪デメリット≫ 

  • 1人1口座まで!←開設する金融機関は1年単位で変更はできる! NISA(一般同様)
  • 選べる商品が少ない!
  • 損することもある!

NISA(一般)や iDeCoと比べると、選べる商品が少ないのはデメリットかもしれません!

iDeCoのメリット・デメリット

iDeCoの≪メリット≫

  • 老後の備えとして、長期期間運用できる!
  • 選べる商品が豊富!
  • 掛金分の所得税・住民税の控除を毎年受けられる!
  • 受取時も一定額まで非課税!

個人的には「老後資金」として資産運用したい方は、こちらでもいいかなと思います!

私の場合は社会人1年目の頃、何も考えずに保険会社の進める「個人年金」に加入していたので、 iDeCoは違うかなーという感じです!

iDeCoの≪デメリット≫

  • 60歳まで引き出せない!←これきつくないですか?
  • 損することもある!

前述の通りですが、「途中で引き出せない」というのが、個人的にはアウトでした!

まとめ ※個人的には「積立NISA」がオススメ!

資産運用って難しいですよね!金融機関も色々あるし、商品もいっぱいあるし、、、

でも「とりあえず銀行に貯金」!って人は、一度検討して検討してみてはいかがでしょうか?

(確かに損をするリスクはありますが、貯金だけでは増える可能性もないので!)

「少額から」「長期間運用」できるという事で、私は「積立NISA」をオススメします!

ではまた!