不妊治療

もしかして「不妊」かも? 〜不妊治療 体験記〜

こんにちはー!べりっくブログです!

今日は、不妊治療の体験記について書いて行こうと思います。

アドバイスできるほど知識がある訳でもないですが、不妊治療を行った人にしかわからない大変さがあると私は思っています。

パートナーが協力的ではなかったり、SNSで先に妊娠して出産したりしている友人を見るのもしんどくなってしまったり等々。

医療関係の難しいことはわからないですが、気持ち的な部分の相談には乗れると思いますので、コメントもしくはTwitterなどでDMください!

特に「男性」は「女性」よりもこういった事への知識が少ない事が多いように感じているので、《旦那にもう少し理解してほしい》と思っている方や《旦那の気持ちが理解できない》という方、《妊活がしんどくなってきた》という方に、読んで貰えれば幸いです!

そもそも「不妊」ってなに?

そもそも「不妊」ってどんな状態だと思いますか?

「妊娠を希望してから、1年以上避妊をせずに性行為を行っているのに、妊娠しない状態」です。

どうですか?結構短いと思いません?

1年間って結構あっという間に過ぎてしまいますよね?

仕事してると残業で疲れてできなかったり、飲み会が入ってしまったりと、うまくタイミングも取れなかったりしますし。

おそらく知らなかったのは、私だけではないはずと思っています。

もしかして「不妊」かも?

私が26歳で結婚して、31歳の時に子どもが産まれました。なので妊活期間としては約4年程度です。

入籍後に結婚式を終えてからは、避妊をせずに行っていましたが、全く授かりませんでした。

しかしながら特に自分達が「不妊」に該当しているとも思っていなかったので、「なかなかできないもんだねー」と話をしたら「一度病院に行ってみよう」という話をされました。

いやー最初は抵抗ありましたね。

やはり意識が低いせいか「病院に行くほどじゃないんじゃないか」「原因は自分じゃないんじゃないか」と病院に行くまでに時間がかかりました。

その間、妻は病院に通院して色々と検査をしていました。

やはり私自身も自然妊娠を希望していたし、「まだ自分は年齢的にも大丈夫」とどこかで思っていたんだと思います。

「妊活」がしんどく、、、

妻が前向きに検査したり色々と調べてくると、夫婦の会話も「不妊治療」の話題が多くなってくるし、行為自体も「授かる為の過程で行っているだけ」のように感じてきてしまいました。

私達夫婦は、もしかして「不妊」かも?と思う前から《タイミング法》を自分たちなりにやっていましたが、またこれも大変で、、、

この《タイミング法》については、また別で書きますね!

ではまた!