不妊治療

タイミング法しんどい、、、しんどかった事を共有します ~不妊治療 体験記~

こんにちはー!べりっくブログです!

さて今回も不妊治療体験記を書いて行きたいと思います!

私は医療関係者ではないので、一個人の体験談として「妊活を頑張る方」の参考にしてもらえればと思っています。

個人的な質問などがありましたら、コメントもしくはTwitterなどでDMください。気持ちの面ではお話聞いてあげられるかもしれないので。

また前回までの記事を読んでいない方は、こちらもよかったら見てみてください

https://beric-blog.com/ninnkatutaikenki/121/

https://beric-blog.com/sizenntaideikou/164/

https://beric-blog.com/hanasiaihataisetudesu/186/

自分たちなりではなく、病院へ行ってみることになりました。

前回までは、自分たちなりの≪タイミング法≫で「最も妊娠しやすい排卵の時期」を予想して、行為を行ってきました。

これがなかなかうまくいかないんですよね。

(本当に授かり婚できる人は、奇跡的なタイミングなんじゃないかと、今でも思っています!)

それで私たちは「病院」へ行ってみる事にしました。

本当の≪タイミング法≫がスタート!

嫁さんは毎日「基礎体温」を記録して、先生に提出用の紙に記入をしていました。

その基礎体温の紙や卵の状態を見ながら、「〇日から3日間程度、タイミングをとってみてください」と言われ、その通りに行為をしていきました。

子どもを授かる為だと思って、しばらくは前向きに取り組んでいきました!

あと前回紹介したアプリも併用して基礎体温は入力していました。先生の指定日とズレがあったりもしたので、そこは面白いなと感じました。

タイミング法がしんどい、、、どうしよう。何がしんどいか参考までに。

昔べりっく

「ヤバイ、、、タイミング法がしんどい、、、」

そうなんです。

やはり自分たちなりにやってきたときのように、しんどくなってきてしまいました。

共感してくださる方がいるかわかりませんが、何がしんどかったかリストアップしていこうと思います。

数日連続でタイミングをとるのが、しんどい、、、

これは何か月もやっていくと感じるようになりました。

個人差あると思うのですが、私は3日間続けるというのは結構大変で、何か月も経ってくると、それこそ≪作業的≫になってきてしまいました。

おそらくですが、皆さん平日とかお仕事行ったりしていますよね?

疲れているとか関係なく、タイミングをとる日が与えられるんです。

残業や飲み会があったり、朝早いとかも関係ありません。

こういったのが蓄積していって、しんどいと感じるようになったのだと思います。

先生がタイミングを決めるのが、しんどい、、、

これも個人的にですが、≪作業的≫を誘発します。

 

どんどん行為がつらくなってくるんですよね。

でも連続でタイミングをとらなければならない。。。妻からもプレッシャーをかけられる。

やはり個人的には「しなければならない」って気持ちになってしまうとダメなんだと思います。

全然結果が出ないのが、しんどい、、、

これも個人差がありますが、私たちは全然結果が出ませんでした。

何事もそうだと思うのですが、うまくいかないと嫌になってきますよね。あれです。

これは不妊治療を頑張っている方なら共感してくださると思うのですが、頑張ってもなかなか結果がついてこないんです。

スポーツとかなら負けたとしても、「次は絶対勝てるように努力するぜ!」みたいに、ポジティブシンキングでいけるんですが、治療に関してはなかなか精神的にきました。

結果私たちは、タイミング法では授かることができず、さらにステップアップすることになります。

まとめ お互いの事を思いやりながら、頑張りたいです。

あくまで私が感じたことですが、「パートナーが前向きではない」という方は、こういったことを感じているのかもしれないので、話し合いながら頑張っていけるといいですね。

私は男性なのでちゃんと理解はしてあげられていないですが、不妊治療は女性の方が、精神的にも肉体的にも負担が大きいように感じます

お互いの事を思いやりながら、前向きに取り組めるようになることを願います!

 

ではまた!