不妊治療

不妊治療の《体験記》を書き始めます!

こんにちはー!べりっくブログです!

題名の通りですが、不妊治療の体験記を書き始めます!

自己紹介にも書いていますが、26歳で結婚し約4年間の「不妊治療」の結果、子どもを授かることができました。

詳しい自己紹介については、こちらを見てみてください!

男性の皆さんに理解を深めてほしい!

不妊治療の体験記をブログに書こうと思ったきっかけは、「男性の皆さんに、不妊治療についての理解を深めてほしい!」と思ったからです!

私自身がそうだったのですが、最初は「不妊治療」への理解も乏しく、「別に治療しなくても自然に妊娠できるでしょ?」などと考えていた時期もあった為、嫁さんと喧嘩になることもあったので、私の経験談がこれから「不妊治療」に取り組もうとしている方の参考になればと思っています!

また「不妊治療」の費用や制度についても、知っておいたほうがいいと思うので、そういったことについても書いて行こうと思います。

「妊娠って本当に奇跡」だと思います!

妊娠の確率ですが、ちゃんとタイミングをあわせて行っても30%程度らしいです。

低いですよね?

まずタイミングを合わせるのだって大変だし、その時の体調やストレスによっても妊娠の確率が低下してしまうので、自然に授かれるというのは、本当に奇跡だと思います。

また《授かり婚》の友人や知人もいたので、私自身が妊娠について甘く考えていた事と、なんとなく治療して子どもを授かるのに抵抗があった(理解が乏しかった)ので、最初前向きになれなかったのだと思っています。

「35歳の壁」を意識してほしい!

皆さんは「35歳の壁」はご存知でしょうか?

なんとなく聞いた事ある方もいると思いますが、35歳をすぎると妊娠率がグッと低下するというものです。

私は26歳で結婚したので、最初の頃は「まぁそのうち妊娠するだろう」と「35歳の壁」はあまり意識していませんでした。

しかしながら《妊活》を始めた頃、タイミング法で行っても全然うまく行かず、月日が経つにつれて「焦り」が出てきて、《不妊治療》をはじめても授からず、その事が毎回「ストレス」になり、またうまく行かないというような悪いサイクルになってしまいました。

男性の皆さん!あなたが思っている以上にパートナーの方は、いろいろな事を考えてるし、リミットについても意識していると思いますので、しっかり寄り添ってあげてほしいと思います。

(私が嫁さんにどこまで寄り添えたかは、わかりませんが、、、)

ではまた!