不妊治療

≪人工授精≫にステップアップ!何回目までやったの?妊娠できた?~不妊治療体験記~

こんにちはー!べりっくブログです!

さて今回も『不妊治療体験記』を書いて行きたいと思います!

私は医療関係者ではないので、一個人の体験談として「妊活を頑張る方」の参考にしてもらえればと思っています

個人的な質問などがありましたら、コメントもしくはTwitterなどで連絡ください

私がご相談に乗れることであれば、お話伺います

前回は≪タイミング法≫を頑張っていた所まで書きました!

今回は『人工授精』にステップアップした話をしたいと思います

人工授精とは?

人工授精とは『排卵の時期に合わせて、子宮の入り口から管を入れて精液を子宮内へ直接注入する方法です

タイミング法は『子宮の手前』までしか、精液が届かないのにたいして、『人工授精』では少し奥へ注入できるという点が違うようです

人工授精は?どうだったの?何回目までやったの?

最初に不妊治療をスタートした、総合病院で『人工授精』へステップアップしました

(その後、何軒か病院を転々とします)

専用の容器を事前に渡されて、当日の朝に精液を採取して、病院が空く時間に嫁さんが持参するという流れです

病院が開くがAM8:30(だったと思います)なのですが、私が会社に行くために家を出る時間は、AM5:30前後で採取から結構時間があいてしまっていました

採取した精液を嫁さんが腹巻とかの中に入れて、温めて持参していたのですが、精液のスコアが悪かったように記憶しております

(運動率が少し落ちていました。洗浄すれば全く問題ないレベルでしたが)

まあ仕事を休めればよかったのですが、まあそうもいかないという感じです

結局このスキームで計5回実施しましたが、一度もうまく行くことはありませんでした

気持ち的な面ではどう?

まずは私自身の話ですが、やっぱりうまくいかないとしんどいものがあります

朝に精液を採取してから、会社に行くという流れも、やっぱり落ち着いてはできないんですよね

(当方、朝はいつもバタバタしているタイプです)

またその間、嫁さんが待っているというのも、個人的にはやりづらかったです

(気にしないようにしても、気になるものです)

 

そして何よりもしんどいのは、精神的にキツそうな嫁さんを見ることです

やっぱり『うまく行くかもしれない』と期待→『人工授精実施』→『やっぱりだめか』の繰り返しで、やっぱり気持ちは落ちていきます

なんとか励まし合いながら、乗り越えていったという感じです

まとめ ※お互いに励ましあいながら頑張ろう!

私たちは『5回目』まで実施して、次の『体外授精』のステップへ上がっていきます

5回っていうと回数的には少ないと感じる方もいるかもしれませんが、その間ザックリ5ヵ月程度時間が経過しています

複数回やるのが一般的と言われているのですが、やっぱり時間も過ぎていくし、気持ち的にも焦ってくるんですよね

でも病院の先生の話をしっかり聞いて、自分のストレスを貯めない方法で、臨めるようにできるのが一番だと思っています

お互いのパートナーを励ましながら、頑張ってほしいと思います

そしてたまには息抜きしましょう!根詰めてもしょうがないです!

ではまた!

タイミング法しんどい、、、しんどかった事を共有します ~不妊治療 体験記~ こんにちはー!べりっくブログです! さて今回も不妊治療体験記を書いて行きたいと思います! 私は医...